実際に未経験からCADオペレーターになって感じた、想像と現実

仕事

皆さんこんにちは、
CADオペレーターになって1年の旭です。

私は未経験からCADオペレーターに
なりましたが、なる前は不安で

「未経験からCADオペレーターになる方法」
「CADオペレーターの仕事内容」
「CADオペレーターに向いてる人」

などのタイトルのネット記事を読み漁ったのを覚えています。

今回の記事では、
ネット記事を読んで想像していた内容と
実際にCADオペレーターになってみて
感じた違い
について紹介していきます。

CADオペレーターとは?

パソコンの製図用のソフトを使って、
物作りのための図面を描く人のことです。

この時に使う、製図用のソフトがCAD(キャド)

開発や設計のような、
物を作るための知識はあまり必要なく、
設計者や担当者の指示通りの図面を描きます。

CADオペレーターの種類

CADオペレーターと一言でいっても、
業種によって描く図面が全く違うので紹介しておきます。

⒈ 建築・建物の内装
建物の外装や内装、家具のデザインの図面
不動産屋さんで見かける間取りのイメージ

⒉ 土木
水道や道路などのインフラ関係
あまり求人を見かけたことがない

⒊ 電気・電子
主に電気回路を描く
電気の配線が多く、工業系の出身じゃないと見たことない図面

⒋ 機械・車
機械の部品を作る、作った部品を組み立てるための図面
図面でたまに聞く三面図をよく描く

⒈ 〜⒋ の書く図面は勿論、
使用するCADソフトも違ってくるので注意です。

想像とのギャップ:CADオペレーター

未経験からCADオペレーターになるのは難しい?

簡単になれるとは言い難かったです。

未経験の派遣として、
機械・電気・建築のジャンルを問わず
CADオペレーターの面接をしましたが、
3社ほど連続で落とされました。

未経験で採用される場合、
本人の熱意やコミュニケーション能力、
会社の雰囲気に人柄が合っているかなどを見られることが。

私は自己PRと話すことが苦手で、
「わからないことを人に聞けなさそう」と
コミュニケーションに難ありと判定されて2社落とされました。

逆にCADオペレーターになりたい!という熱意を
上手く伝えられる自信のある人、
コミュニケーションが苦じゃない人は、

ポテンシャル採用で
CADオペレーターになれる可能性が高いです。

未経験からCADオペレーターになるために資格やスキルは必要なの?

資格はったほうが有利だけど、無くても大丈夫です。

正社員の場合は話が変わるかも知れませんが、
アルバイトや派遣の場合は無くてもなれます。

スキルはCADの操作方法を知っておくと有利。
図面まではいかなくとも、図形を描ければいいです。

あとはExcelやWordなどが扱えるか
面接で聞かれることが多かったので、
事務系の実務経験があると良いと思います。

私は未経験、資格なし、
AutoCADで図形を描けるくらいの研修を受けて、
CADオペレーターになりました。

未経験からCADオペレーターの実際の年収は400万円くらい?

未経験では、
かなり就職先を選んで狙わないと難しいと思います。

残業をたくさん頑張ったとしても、
全く届かないのが現実。

私の場合、土日祝日休み
残業無しで年収300万〜320万円くらいです。

想像とのギャップ:CADオペレーターの業務内容

CADオペレーターは図面をひたすら描く?

図面だけ描く求人は珍しいです。

大体図面の作成と合わせて必要な資料や帳票の作成、
メール・電話対応などが組み合わさることが殆ど。

また入って最初のうちは、
図面を描くことができないので
書類整理などの雑務を任されることが多いです。

なので事務の実務経験がある人は強いといえます。

CADオペレーターは図面を読めないと難しい?

最初は読めなくても大丈夫です。
業務をやってるうちに自然に覚えていきます。

一応JISという、
国際規格の図面の表現規格があるので
知っておくと便利です。

ただ規格を全て遵守している企業は、
大手だけのような気がします。

中小企業では独自のルールが浸透していて、
細かい表現がJIS規格と違うことも。

なのでわからないことは素直に先輩や上司に聞いて、
図面の見方を覚えていきましょう。

CADオペレーターはずっとデスクワークで健康に悪い?

肩こりや目の疲れを感じやすいです。

AutoCADの画面は黒いので、
余計に疲れるような気がします。

これは自分で対策するしかなく、

瞬きの回数を意識的に多くしたり、
肩のストレッチを定期的に行ったりして対策。

自己管理だと思ってやっています。

CADオペレーターは締切に追われて、残業が多い?

これは正直、会社によります。

他の企業から委託されて図面を描く会社の場合は、
納期の変更ができないので忙しい時期は残業も増えます。

いわゆる2次請けや3次請けの会社も同様です。

逆に自社で開発・設計・製造を行っている会社は、
会社内で納期の調整が可能なので、残業が少ない傾向。

残業時間が気になる方は、事前に調べてみて下さい。

CADオペレーターは正確性が求められるから、几帳面じゃないとダメ?

正確性は求められますが、
几帳面さよりも責任感の方が大切だと思います。

CADオペレーターが作成した図面を基に
物が作られていくので、
数字が1文字違うだけで
大きな損害を出す可能性も。

100と1000、0.1と0.01、
書いている方からしたら1文字の差でも
実際に作る側からしたら
全くの別物です。

自分の作業で何十万の損失がでたなんてことが
起きたら怖いですよね。

ただ、あまり怖がりすぎなくても大丈夫です。

人が作業するので、
会社側もミスが起こることを前提に
対策を立てています。

図面を複数人でチェックしたり、
ソフトそのものをミスができないように
改善したりなど、

ミスを発見・防止し、
後の工程に回さないようにする対策です。

なので必要以上に身構える必要はありませんが、
責任感を持って仕事をするようにしましょう。

CADオペレーターに向いてる人は?

パソコンの作業が苦じゃない人、
コミュニケーションが苦じゃない人です。

パソコンの作業は
CADオペレーターをする上で必須、
覚えようにも苦手意識があるとままなりません。

コミュニケーション能力は
誰とでも仲良くなれるくらい
高い能力でなくて良いです。

未経験の職種なので、
わからないことを聞いて作業できるかどうかが
重要。

そんなこと? と思うかも知れませんが、
これをきっちりできる人を求められている
ようです。

面接を落ちたときのフィードバックで
「人に聞けなさそうだから」と
何回か言われた経験があるので、
より強く思います。

未経験からCADオペレーターになった方法

転職エージェントを利用し、常用型派遣会社に就職。
派遣会社でAutoCADの研修を受けました。
そして派遣会社から仕事を紹介され、
派遣としてCADオペレーターに就業。

「転職エージェント?」「常用型?」と
言葉を聞いたことない人に向けて
軽く説明します。

・転職エージェント
転職をサポートしてくれる無料サービス。

担当者が一人ついてくれて、
転職の求人情報の選定・面接の対策
・会社とのやり取りなどの転職に関する一連を
支援してくれる。

ネットで掲載されている求人と同じ内容でも、
転職エージェントを利用した方が
条件で優遇されることも。
(例:年収・勤務先の交渉が可能、研修制度の追加受講など)

・常用型派遣会社
派遣会社に正社員として雇われ、
そこから派遣社員として違う会社に派遣される。

勤務先では派遣社員だが
一応正社員に変わりなく、
派遣の3年ルールが適応されないのもポイント。

正社員雇用なので通常の派遣と違い、
就業先の会社や業務によって給料が増減しない。

※派遣3年ルール…派遣社員は同じ職場で
3年働いたら職場を変えないといけない
謎の決まり

CADオペレーターになりたい人も
まだ迷っている人も
転職エージェントはおすすめです。

エージェントの皆さんは転職を支援するプロです。
それぞれの転職理由・希望条件を聞き、
理想の職場につけるように一緒に考えてくれます。

何よりサービスは全て無料。

一度登録してみると
シビアな自分の市場価値を知れたり、
意外な企業からスカウトを受けて驚いたり、

より生身に近い情報を入手できます。

転職を考えている人は、一度検討してみて下さいね。

まとめ


未経験からCADオペレーターになって感じた
ギャップを紹介しましたが、
いかがでしたか?

私は今の仕事に満足しているので、
CADオペレーターになりたいよっていう人が
増えてくれると嬉しいです。

以上、旭でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました