予備知識がないと難しかった「君たちはどう生きるか」:感想

漫画・アニメ

約10年ぶりに、宮崎駿さんが監督を務めた作品。

「もののけ姫」や「天空の城のラピュタ」などの
ヒット作を生み出した監督の新作とあって
注目を集めている。

また事前の広告がポスタービジュアル
だけというのも気になるポイントです。

実際どんな作品なのか
観てきた感想を書いていきます。

挨拶

皆さんこんにちは!
好きなジブリ作品は千と千尋の神隠しな旭です。

宮崎駿監督の新作を見てきました!

原作は未読、
ネット情報も閲覧していない状態です。

率直な映画の感想としては
前半がコクリコ坂のような現実要素強めで、
後半はラピュタのようなファンタジー要素が強い作品。

ジブリ作品としてクオリティーは高いし、
他の作品との既視感から懐かしさを感じるけど、
深掘りが無いため没入感を感じにくかったです。

ここから先はストーリーの内容に
触れた感想になってしまうので、
ネタバレ無理・断固反対! の人はそっと画面を閉じてくださいね。

君たちはどう生きるか:ストーリー

物語は戦時中主人公の牧眞人が
母親を火事で失うシーンから始まります。

母親を失って数年後、
戦争が激しくなる東京から父親と共に離れることに。

新しく住む家は、
父親の新しい奥さんであるナツコさんと
個性豊かなおばあちゃん達が暮らす家。

新しい母親、新しい環境に
置いてきぼりになっている眞人は
家の近くを住処にする奇妙なアオサギに
気付きます。

怪しみ自分のことを追いかけてくる眞人を
翻弄するアオサギ。

そして眞人に向かって
「お前の本当の母親は死んでなどいない、
お前の助けを待っている」

と人の言葉で語りかけ惑わせてきます。

怒った眞人はアオサギを退治しようと動き始め、
その過程で使用人であるおばあちゃん達と
仲良くなっていくことに。

おばあちゃん達と会話するにつれて
住んでいる家とナツコさん家族には
昔から不思議なことがあると知っていきます。

頭が良すぎたせいでおかしくなり、行方不明になったナツコさんの大叔父。
母家の近くにある封鎖されてしまった塔。
塔の主の声が聞こえる大叔父の血縁者。

そしてある日、
身重であるナツコさんが家から突如消えてしまう事件が。

アオサギが攫ったに違いないと確信した眞人は
ナツコさんの足取りを追って近くの森に入り、
崩れかけて封鎖されているはずの塔の入り口を見つけます。

ナツコさんを取り戻すため、
またアオサギの「母親は死んでいない」という言葉を
確かめるために塔に入ることを決意する眞人。

そこで迷い込む塔の中で広がる奇妙な世界と、
頼りになる案内人と危険な住人達との出会い。

お供になってしまったアオサギと共に
眞人は冒険を繰り広げて行くのです。

君たちはどう生きるか:ストーリー感想

すみません、少し批判的な意見に感じるかも知れません。
閲覧は注意してください。

恐らく設定は作り込まれていると思うけど、
説明なしであっさり流されすぎています。

塔の中の世界は特に説明が欲しいところで、
設定がわからないのでラストの展開が置いてきぼりに。

ラピュタやハウルのように世界設定が無くても、
世界観に没入できる作品もありますが、

本作は前半でリアリティーを出してくるので
「全てファンタジーだから」と
フワッと雰囲気で飲み込みづらいところがあります。

またラストで行う眞人の選択が
「君たちはどう生きるか」のタイトル回収でもあると
思うのですが、

もしも大事な選択なら
丁寧に伏線を置いておいてほしかったです。

あっさり流れてしまったので、
タイトルのイメージと映画のイメージが
ズレているような気が…。

それとも別のメッセージがあったのでしょうか。

眞人の家庭環境も複雑だし、
世界観や住人達も複雑なので、
見ている間は疑問符が絶えなかったです。

魅力的なキャラクター

ストーリーは疑問が尽きなかったですが
登場人物達がみんな濃くて魅力的。

パズーを彷彿させる行動力の化身眞人。
白雪姫の7人の小人のように見た目と個性が強い
おばあちゃん達。
ぐでたまに出てなかった? と心配になる可愛いワラワラ。
裏切りを繰り返すけど間抜けで憎めないアオサギ。

世話焼きの案内人キリコや
不思議な能力を操る謎の少女、
隙あらば捕食しようとしてくる巨大な鳥達。

流石宮崎駿監督だなと感じました。

特にアオサギは、別れの台詞が憎めなくて好きです。

最後に

面白いですが、おすすめとは言いづらい作品。

もっと知識の引き出しがあれば
引っかかりから考察ができたかも知れません。

今後新たに情報が開示されるかもしれないので、
理解を深めてからリベンジしたいです。

以上、旭でした!


コメント

タイトルとURLをコピーしました